本日は読む人にとっては暗く受け止められるかも……って事で、えっ? 暗い話? そういうのはパス! って人はここでお帰り頂いて。

そうでない方だけ続きをどうぞ。

テレビやネットを観てると、有名人がガンを告白なんてニュースをよく耳にします。
まあね、ガンは男性で4人に1人、女性は6人に1人が患うと言われてますものね。有名人もそれなりの人が患うでしょうよ。

んで、ちょっと前ですが、YES,高須クリニック!の高須克弥さんがツイッターでガンを告白して「ガンは全然怖くない」とか「自分医者なんだから。医学の最先端を自分の身体で実験できるってさ、すげえハッピーだと思わん?」というツイートをなさってました。

そうするとですね、それを見た人の中には「そんな強がっちゃって……本当は怖いんでしょ?」的なコメントをする方がいるわけです。

ま、そうですよね。

自分の命のリミットが他の人より分かりやすくなっちゃったんだもの、そりゃぁ怖いですよ、動揺しますってばよ。

でも、だからって死ぬのが怖いってのは、ちょっと違う気がする。

こういう話をすると「死ぬことを考えちゃダメ! 前向きに生きる事を考えなきゃ!」と言う方がいますが、確かに前向きに考える事で元気に過ごせる方もいるでしょうけど、逆に残りの人生を心穏やかに過ごす為に死について考える人もいるわけで。

私としてはまさに後者で、「こうなった時はこうすればこうすればいいよね!」って心構えがあるから、楽しい事だけ考えて生きられるのよねぇ。

あと、死ぬのは割と怖くないです。

もうアラフィフですし、元気な両親の事を考えると申し訳ない気持ちにはなるけれど思い残してる事ってないし、もし今日で人生が終わってしまっても悔しいとは思わない。

たださー、死ぬのって眠るように楽には逝かせていただけないのでしょう?

やっぱり痛いんだよね?

そう思うと死ぬのって嫌だなー、怖いなって思っちゃう。

そんな事を考えた、日曜日の夜でした。

あ、こんな記事を書いているけど、別に気持ちが落ちてるとかじゃないですよ。

ただ思ったことを記事にしただけで、ポケGOしたり母の日なのでみんなでお昼ご飯食べに行ったりして楽しく過ごしております。

家では絶対に作らない揚げたてのフライ、熱々で大変美味しゅうございました!
とんかつ

さ、明日からまた頑張りましょ!

ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ


スポンサーリンク

スポンサーリンク