ずっと前に電子書籍で「ダーリンは73歳」を購入しました。

「毎日かあさん」でお馴染みの西原理恵子さんが、恋人である高須克弥氏との非日常的な出来事が描かれていて、面白いです。

ついついこのシリーズ、買ってします
何たって恋人がYes,高須クリニック! の高須医院長がお相手なんですもの、平凡な筈がないんですよね。

今回はオークションで落札した「昭和天皇陛下独白録原本」を宮内庁書陵部へ寄贈するお話や、例の国会議員に高須クリニックのCMを貶されて起こした裁判での法廷画家を務めた西原さんお話とか、最後の恋人宣言とか、相変わらず金銭感覚がおかしい高須医院長の話とか、盛りだくさんでした。

あと割と下ネタも多いから、苦手な人は注意してね。

最後の方で、ガンで治療中の高須先生の話なんかも触れていました。
なんとも穏やかに、でも好奇心一杯で刺激的な生活を送る高須先生がいいな〜。

高須先生は「患者には希望を持たせないとダメ」って医者で、患者である自分も楽しみとか希望を持って過ごされてて、私もそんな風に生きたいなって思う。

あとね、結婚には興味のないしじーみさんですが、この「ダーリンは○○歳」シリーズ読んでると、こういう風に互いに尊敬して心の安定をもたらしてくれるパートナーは、素直に羨ましいなって思う。

もちろん西原さんも高須先生もよく喧嘩するんだけど、それもじゃれあいの延長みたいな。

そういう相手に巡り会えたって、いいなぁー。

ほらさ、たまに既婚者の方で旦那の悪口をダーって言って結婚って大変なのよって話を延々とし続ける人、いません?  最後に「それでしじーみさんは結婚しないの?」って言われても……

とって付けたように「結婚っていいわよ?」と言われても、お話の大半が旦那の愚痴って、ちっとも結婚に心が動かないわ。

もちろん惚気話ばっかりもどうかとは思うけど、愚痴よりは幸せオーラを浴びせて頂いた方が私の精神衛生上にも良いし。

誰かに結婚を勧める時は、是非ほのぼのとした仲のよろしいパートナーとのお話をして「いいなぁ……」って思わせて頂きたいですねぇ。


最近は医療費の支払いをクレジットにして、貯まったポイントを全て電子マネーに変換して電子書籍を買ったりします。

たまに20%割引クーポンとか、コミックスが一巻無料で試し読み出来ちゃうなんてのもあるから便利ですよねぇ、電子書籍って。



スポンサーリンク