まぁ、そんな日もあります

乳がんが肺転移してしまったしじーみの乳ガンばかりではないブログ。

ビックリ!

な、何か肺転移の記事を書いてから物凄いアクセスがあってビックリしてます(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

ヒョェー!Σ(・ω・ノ)ノ

面白い話でもないし、同年代の仕事バリバリな人達のようなお洒落で景気の良いはなしもでないし、何より一気にステージIVにはなったものの本人はあと5年は大した変化もなく日常生活送れるだろうと思ってるんだけど大丈夫かしら

常日頃、仕事辞めたーい!引きこもりたーい!と思っていながら地味な更新をしていこうかと思います
スポンサーリンク

再発、親に言う?言わない?

今年初め、何事もなく術後5年生を迎える気だった私は念願の一人暮らしを始めてました。
本当はもっと早くにしたかったのですが病気に阻まれて、やっと今年叶えることが出来ました

ちなみに正社員の道も、病気に阻まれました

まぁその事はまた別の機会に語るとして。

今、私が住んでいるアパートは築浅で駐車場も広く私の住んでる地域では数少ないオートロックのアパートです。
とても気に入ってます

この部屋は私が初めて不動産屋を訪ねた前日に募集が開始されたそうです。
空きがでると取り合いになるくらい人気の物件なので、もしここに決めるつもりなら2日以内に…くらいの不動産屋の話に初めての物件探しだった私はとても悩みました。
だってまだ人が住んでるので中身を見る事は出来ないし、でもこの物件の問い合わせは既に何件か不動産屋にきているようだし…悩んで悩んで、そしてその場で契約する事に決めました!

結果は大正解(o^∇^o)ノ

実際に部屋の中を見れたのはそれから1ヶ月後のクリーニングが済んだ後だったけれど、この部屋に一つも悪いイメージがなくて一目で気に入ってしまいました。
もう結婚する気なんてない私は、暫くはここでの生活にを満喫するんだわ

そう思いながら新生活をエンジョイしていたのですが…

乳ガンが肺に転移したと聞いた時思ったのは、まだこの生活を送っていたい!でした。
両親が年老いているのでいつかは実家に帰るつもりではいたものの、まだその時じゃない。
というより、私は今のアパートで闘病をしたい。

なんか神様にここでじっくり治療しなさいと言われたような気がするんですよね。

運命的なものを感じているんです。

さて私はもともと物欲が強い方じゃなく、ブランドにこだわりはないし引きこもり大好きなので治療費も生活費も今貰ってる給与で何とかまかなえる。
もし仕事を辞める事になっても傷病手当金を貰いながらでも賄える省エネっぷり。
念のため初発の時に数年は働かなくても治療できるようにと貯金もしてきた。
だからまぁ、金銭面は次の契約更新日までアパートに住んでいても問題ない。

でも、親は私の再発を知ったらどう思うだろう?

帰って来いと言われるのではないだろうか?

それよりも親に何て言えば良いのだろう?
初発の時、自分が告知された時よりも親に伝える方がしんどかったのに、今回はその何倍もしんどい事を伝えなきゃならないのかと思うと堪らない。

親には再発を黙っていようか?幸い今は、一人暮らしだし…

悩んだ末、取り敢えず一番仲の良い妹に話しました。
妹は肝の座ってるところがあって私の話を驚きつつも冷静に聞いてくれて、私の思いを理解してくれました。
ただやはり親には伝えるべきだろうという事になり、妹に付き添われて実家へ。

再発を伝えた時の両親がハッと息を飲んだ顔が焼き付いて離れません。

結婚はしない、子供は産まない、しかも親より先に逝くかもしれない。
どうしようもない親不孝っぷりに泣けました。
また、姉と妹を産んでくれた両親に感謝もしました。
結婚しない代わりに親に何かあったら私が面倒みようと決めていたのですがこの先が分からなくなった今、もし私に何かあっても両親は姉か妹が看取るはず。
その心配だけは私はしなくていいのですから。

夜遅くに話が終わり、帰ろうと外に出るといつの間にか雨が降り出していました。
そんななか私を見送りに外に出てきてくれた両親。
暗く、雨の降る中、傘もささずに私を見送る両親の姿を私は一生忘れないと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
プロフィール

しじーみ

40代のお一人様、しじーみと申します。
乳がんが肺に転移してステージⅣの一人暮らしですが、のんびりと過ごしてます。

連絡先

何かありましたらこちらへ

名前
メール
本文
アーカイブ
買ったウィッグ
愛用のウィッグたち

●ちょっとご近所用●



●お洒落する時用●



●女子力高めにw●

爪の美容液

抗がん剤でもろくなる爪を少しでも保護しようと思って使ってる美容液。 美容成分がどうとかよりも匂いがきつくないのとペンタイプで使いやすくて愛用してます。
楽天市場
読者登録
LINE読者登録QRコード