まぁ、そんな日もあります

乳がんが肺転移してしまった40代お一人様のブログ

二度目の告知

私は1010年9月に初発の乳がんを告知されました。

初発の時、癌は私の左胸谷間近くに2cm弱が一つ、左脇下リンパに7mm位のが一つできていました。
それらを手術で取り除き、病理がHer2とホルモンが共に陽性で当時37歳だった私は抗がん剤+放射線治療+ハーセプチン+ホルモン療法の全てを受けて間もなく5年経とうとするつい最近までノルバデックスを服用しつつ毎年の検査をクリアしていったのですが……

まもなく5年目の検査の日を迎えようとしたある日、数か月前に受けた健康診断の結果が手元に戻ってきたのですが、そこにX線検査での気になるコメントが。

「肺野陳旧性陰影 胸膜癒着 肥厚」

ネットで調べると肺炎の痕であるらしく判定は「要経過観察」なのですが、ここで予感みたいなものはありました。
だって肺炎って風邪をひいた覚えはないし、咳が出た事もない。
でも去年の検査にはなんにもなかったしなーという思いもあったので、この時点では「まさか」という思いよりも「大丈夫だろう」という気持ちが強かったです。
その後、術後5年目の検診で乳ガンの肺転移が確定してしまいました(´;ω;`)

思わず主治医に聞いた生存率は3年で50%!

ヒョー!Σ(゚д゚;)

さてさて親には結婚する気はないからと宣言し、今年から憧れの一人暮らしを開始してた薄給貧乏契約社員。
しかし乳ガンの病理は高価なハーセプチン様対象のher2陽性タイプ。

そんな40代お一人様、一体どんな闘病になることやら…
スポンサーリンク

初めまして

40代お一人様のしじーみと申します。
2010年9月に乳がん告知され、治療を開始

一通りの治療を終え、毎年行われていた経過観察の検査も何事もなく過ぎ、間もなくノルバデックスの服用も終わろうかとしていた今年の10月にCT検査にて肺転移が発覚!
1cm弱の腫瘍が両方の肺合わせて3つできてましたΣ(・ω・ノ)ノ

同じ病理の方には「もしかしたら自分も……」と不安にさせてしまう事もあるかもしれませんが、誰かの参考にもなればと思い再びブログを再開します。

さてどんな日常になりますやら('д` ;)


※当ブログでは乳がん治療で経験した事や日々感じた事などを中心に、個人の感想や気になった事を記事にしております。

特に治療内容等はあくまで一例であり、それを勧めるものではありませんので参考程度にとどめて頂ければと思います。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
プロフィール

しじーみ

40代のお一人様、しじーみと申します。
乳がんが肺に転移してステージⅣの一人暮らしですが、のんびりと過ごしてます。

連絡先

何かありましたらこちらへ

名前
メール
本文
アーカイブ
買ったウィッグ
愛用のウィッグたち

●ちょっとご近所用●



●お洒落する時用●



●女子力高めにw●

爪の美容液

抗がん剤でもろくなる爪を少しでも保護しようと思って使ってる美容液。 美容成分がどうとかよりも匂いがきつくないのとペンタイプで使いやすくて愛用してます。
楽天市場
読者登録
LINE読者登録QRコード